更年期障害の症状に合った治療法|健康なカラダ作り!

案内

病院へ行こう

健康保険

病院

更年期障害の治療法は大きく3つに分けることが出来ます。いずれも一部の治療法を除いては健康保険が適用されますので、自己負担が少なくて済みます。なお、更年期障害の症状により、適している治療法は異なりますので、医師としっかりと話し合うようにしましょう。体ののぼせやほてり、動悸や味覚異常、不眠などを症状を感じている場合には、減少したホルモンを補充するホルモン補充療法が適しています。ホルモン補充療法は、更年期障害を根本的に治療することを目的としていますが、症状によっては漢方薬や抗鬱剤を併用する場合もあります。辛いと感じている症状をしっかりと医師に伝えるようにすることで、効果的な薬を組み合わせてもらうことが出来ます。

カウンセリングも有効

更年期障害の症状には個人差があります。症状の程度も異なりますが、ホルモン補充療法の効果が見られないという場合には、抗鬱剤や抗不安薬が使用されることもあります。また、精神的な症状が出ているという場合には、専門のカウンセラーによるカウンセリングも有効な治療法であると言われています。カウンセリングでは、症状を緩和させるだけではなく、悩みを相談するという行為をすることで気分を明るく、前向きになることができ、ストレス解消にも繋がります。カウンセリングについては、それ自体は保険適用とはなりませんが、病院の場合で受ける場合で心理検査という項目であれば、保険の適用となりますので、あらかじめ確認するようにしましょう。