更年期障害の症状に合った治療法|健康なカラダ作り!

案内

医療機関に相談しましょう

女性

慢性的な不調の原因となる症状に更年期障害があります。更年期障害はとくに女性に多く30代後半や40代ごろから増えはじめ、50代や60代と年齢を重ねるごとに増加する傾向が見られます。一般的な症状としては顔が火照るホットフラッシュや原因の無いイライラをはじめ、倦怠感や慢性的な肩こりなどの症状が定期的に現れるようになります。更年期障害の原因は加齢やストレスなどを原因とする、女性ホルモンの低下にあることが分かっています。体の中を巡っている女性ホルモンの量が全体的に低下してくると、脳は女性ホルモンの一つであるエストロゲンを分泌するよう卵巣に命令を出します。しかし加齢やストレスなどによって卵巣の機能が衰えている場合には、上手くエストロゲンを分泌することができず女性ホルモンの割合が低下してしまいます。このエストロゲンの低下が更年期障害のおもな原因となっているのです。

更年期障害はいわゆる一般的な病気とは別のものです。ホルモンバランスの変化は女性であれば誰もが経験する生理現象の一つです。そのため年齢を重ねるごとに体がバランスを取るようになり、自然に症状が改善されることも珍しくありません。しかしいつまでたっても症状が改善しない場合や日常生活に支障が出るほど症状が重い場合には、医療機関で治療する必要があります。医療機関では問診や血液検査などの結果により、更年期症状と思われる場合にはホルモン補充療法などを行っています。ホルモン補充療法は不足しているエストロゲンを外部から注入し、症状を改善させる治療法となっています。ホルモン補充方法は根本的な治療法とはなりませんが、体がホルモンバランスの変化に慣れるまでの症状緩和に大きく役立ちます。ホルモン補充療法は症状が緩和されてくればいつでも中断することができます。ホルモン補充療法を行う場合は、体調をよく見極め医師と相談しながら治療期間を決めるようにしましょう。