更年期障害の症状に合った治療法|健康なカラダ作り!

女性

体質に合わせた処方が大切

見直されている方法

医者

更年期障害の治療では、漢方薬が使用されることがあります。更年期障害の症状は一人ひとり異なります。その症状にあわせて漢方薬を選ぶ必要があります。更年期障害の治療では、性ホルモンを補うという方法が一般的に行われています。この方法では高い治療効果を得ることが出来るというメリットがありますが、リスクもあります。また、ホルモン補充療法を行なうほどでもない場合もあります。そのような場合には、漢方薬を併用したり、することで更年期障害の不快症状を和らげることが出来ると注目されています。漢方薬は、体質に合わせて処方されるため、副作用が少ない、長期的に服用することが出来るため、近年見直されている治療法でもあります。

服用の際の注意点

漢方薬は、複数の生薬を組み合わせて出来ています。東洋医学の考えから生まれたものであり、独特の考え方により選ばれます。症状を緩和させるためには、症状に合わせたものを選ぶということはもちろんのこと、一人ひとりの体質を考慮する必要もあります。そのため、治療に漢方薬を使用するという場合には、必ず専門の知識を持った医師や薬剤師に相談しながら決めるということが大切になります。自己判断で漢方薬を選んだ場合には、服用しても効果を感じることが出来ない場合があります。また、医薬品と併用するという場合には、影響がある可能性がありますので、医師や薬剤師に確認しながら服用するようにしましょう。正しい方法で服用することが大切です。

更年期に多い不快症状

医者

更年期障害は男女問わず起こり得る症状です。また、最近では20代の若者にも同じような症状がみられるようになりました。若年性更年期障害もまた、ホルモンバランスの不足や乱れによって起こることがわかっています。治療には漢方薬の服用やホルモン補充療法がおこなわれます。

Read More...

医療機関に相談しましょう

女性

更年期障害が長引く場合には医療機関で治療しましょう。医療機関ではホルモン補充療法などを行っています。ホルモン補充療法を行えば、体が女性ホルモンの減少に対応できるようになるまでの間を楽に過ごすことができるようになります。更年期障害の症状がきつい方は、医療機関で治療することも検討してみましょう。

Read More...

病院へ行こう

病院

更年期障害の治療では、専門のカウンセラーによるカンセリングが有効である場合もあります。保険が適用される治療もありますので、そのような方法を選ぶことにより、自己負担を少なくすることが出来ますので、医師に相談するようにしましょう。

Read More...